tamuです。

LWC開発の際に、毎回スクラッチ環境にpushして動作確認をするのはちょっと面倒です。 ローカルで動作確認する方法があるのでそれを試していきます。

プラグインのインストール

以下のコマンドでプラグインをインストールします。

1
$ sfdx plugins:install @salesforce/lwc-dev-server

参考: https://developer.salesforce.com/tools/vscode/ja/localdev/set-up-lwc-local-dev/

ローカルサーバの実行

1
$ sfdx force:lightning:lwc:start -u mywork

-u はいつものようにターゲットとする組織です。

動作確認

ブラウザで http://localhost:3333 に接続します。

コンポーネント一覧が表示されているので、クリックします。

コンポーネント一覧


無事に表示されました!

helloworldコンポーネント

Apexの呼び出し

LWCからApexを呼び出すには、まずスクラッチ組織にApexのソースをpushする必要があります。 ローカルサーバがスクラッチ組織のApexを呼び出すproxyとなります。

Apexを呼び出す

Apexクラスの作成

簡単なApexクラスを作ります。 有効な商品の数を返します。

1
2
3
4
5
6
public with sharing class Product2Summary {
    @AuraEnabled
    public static Integer numOfProcut2() {
        return [SELECT COUNT() FROM Product2 WHERE IsActive = TRUE];
    }
}

ソースをpushしておきます。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
sfdx force:source:push -u mywork
*** Deploying with REST ***
Job ID | 0Af0XXXXXXXXXXXXXX
SOURCE PROGRESS | ████████████████████████████████████████ | 1/1 Components
=== Pushed Source
STATE  FULL NAME        TYPE       PROJECT PATH
─────  ───────────────  ─────────  ───────────────────────────────────────────────────────────
Add    Product2Summary  ApexClass  force-app/main/default/classes/Product2Summary.cls
Add    Product2Summary  ApexClass  force-app/main/default/classes/Product2Summary.cls-meta.xml

Apexを呼び出す処理を作る

ボタンを押したらApexを呼び出すように作ってみます。

まずはHTML。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
<template>
    <div>
        Hello world!
    </div>
    <div>
        有効な商品数: {numOfValidProduct2}
    </div>
    <lightning-button label="kick me" class="slds-m-left_x-small" onclick={handleClick}></lightning-button>
</template>

続いてJS。

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
import { LightningElement } from 'lwc';

import numOfProcut2 from '@salesforce/apex/Product2Summary.numOfProcut2'

export default class Helloworld extends LightningElement {
  /**
   * 有効な商品の数
   * @type number
   */
  numOfValidProduct2 = 0;

  handleClick(event) {
    numOfProcut2()
      .then(result => {
        this.numOfValidProduct2 = result;
      })
      .catch(error => {
        window.console.log(error);
        this.numOfValidProduct2 = -1;
      })
  }
}

動作確認

これをローカルサーバーで動かすと…

実行前


実行後


できました。

商品数を変えると結果も変わります。

Salesforce側の有効商品


コンポーネントの結果